浦壁伸周が目指す将来の夢

28歳の浦壁伸周は、フリーターとして運送業の仕事をしています。毎日色々な仕事をしているのですが、その中で彼は将来の夢を抱くようになりました。それは世界の写真を撮るということです。漠然としているかも知れませんが、実際に浦壁伸周は世界に飛び出し、色々な写真をすでに撮っています。それこそが、彼がやってみたかったことだと言えるでしょう。フリーターと聞けば、世間の風当たりは強いものです。ですが彼は世界に触れ、仕事があることのありがたみも知っていますし、自分がフリーターであることにも自信を持っています。そういう意味で、彼は今後も旅行を続けてくれるのではないでしょうか。彼がさまざまな場所へ旅行する大きな目的としては、写真を撮ることにあります。旅先の写真を撮ることが浦壁伸周の趣味であり、生きがいとも言えるのです。そういう点では、より今後も多くの方に写真の魅力を伝えていくことも、彼の目標になっていくかもしれません。

彼の夢は、世界を回って写真を撮り続けることです。現在の世界情勢を見れば、いつか行けなくなる国もあるでしょう。いつか行こうと思っているうちに訪れることができなくなるくらいなら、彼は今できることをやろうと考えています。写真を撮ることができる国なら、彼はどこでも行くのではないでしょうか。もちろん国内旅行も好きな彼ですが、そのメインフィールドは海外です。海外には、見たこともないような景色が山ほどあります。それに出会う度、浦壁伸周は新しい自分と出会えているのです。これからもそういう感動の体験を続けていくのが、彼の夢なのだということです。もちろん、世界で待っているのは輝かしい光景ばかりではありません。しかし彼はそれも含めて写真に残し、自分という存在を証明していくのではないでしょうか。フリーターとして運送業を頑張る彼ですが、その裏ではとても世界に対する熱い想いを持っています。それが写真という形になって残っていくのではないでしょうか。

独身の浦壁伸周は、その身軽なフットワークを使って今後も色々な世界に飛び出していくはずです。求められているわけでもなく、誰かに支持されたわけでもありません。彼は好きなことのために、世界に飛び出しているだけです。きっと写真を撮ること自体に、浦壁伸周という1人の人間のアイデンティティーがあるのでしょう。それを証明するために、彼は今後も旅を続けてくれそうです。それこそが、彼の生きる道であり、将来の夢と言えるのではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白石達也は江戸時代が好きな人間です。江戸時代のどこに惹かれるのかというと、前時代的なのに華やか、発展…
  2. 会社概要現在アルバイトスタッフだけでも1,000名以上、社員数は120名という規模で展開している株式…
  3. 庭野仁司は、年齢が38歳で美容室を経営している既婚男性です。血液型はB型で広島市出身の庭野仁司は、現…
ページ上部へ戻る